両目の周りが痙攣

パソコンなどで目を酷使すると起こりやすい症状なのが、眼瞼けいれんと呼ばれる症状です。まぶたや目のまわりがピクピクとなり、いつまでも治らない。症状の範囲が広がるなど深刻な悩みに発展するケースもあります。

眼瞼けいれんは両目のまわりの筋肉が勝手に痙攣して目が開けにくくなる病気で、50歳〜70歳の高齢の方を中心に多くみられています。

痙攣の他にも目がチカチカしたり、まぶしかったり、目が乾く、ごろごろするといった症状もあります。悪化してくれると人にぶつかったり、平衡感覚を失う場合もあるので気付いたらすぐ治療を始めることが大切となります。

眼瞼けいれんの原因は脳神経に支障が出て目の開閉機能がうまく働かなくなる場合と、目をあけると筋肉を閉じる筋肉の調節障害の場合があるとされています。どこに原因があるかは医療機関で検査をしないとわかりませんので、形成外科や脳神経外科、眼科を受診するようにしてくださいね。